ツバメの観察マップ

日から 
日まで
の観察記録を
※期間指定は1年(365日)以内でお願いします

観察情報の入力などは右上のメニューリストからログイン→MYページTOPへ

ツバメ
毎年春になると、遠く東南アジアから子育てのため日本に渡って来ます。人家の軒下に泥で巣を作るので、なじみのある野鳥です。建物の構造の変化で都市部では見かけることが少なくなっている場所もあります。夏の終わりからヨシ原などに大きなねぐらをつくり、夕方に乱舞する光景も見ることができます。
最新コメント10件を表示
2021年2月21日 その他 kotorisuki
今年は例年より早く出会えました!
2021年2月9日 その他 ハゲオヤジ
今年は
もうツバメが渡って来てます!
本日3羽確認です!
2021年1月26日 その他 レオン
朝10時半頃10羽ほどの岩つばめが野洲川の上空を舞ってました。
いつもは3月始めに見かけるのに今年は早い?それとも越冬ツバメでしょうか?最近10度超える暖かい日が多く この先も暖かいそうなのでもう来たのかな?
2021年1月26日 その他 ゆずっち
川の土手沿い上空を見上げるとまだ1月なのに20羽くらいのツバメの集団が気持ちよさそうに飛んでいました。時期的に越冬ツバメかと思われます
2021年1月18日 その他 ぎょうざ
国道3号線の高架下にたくさん巣があります
南方に渡ったのだろうと思ってたのですが20羽くらいが乱舞していました
2020年12月5日 その他 メタ太郎
5羽が飛んでいた。この時期に珍しい!
さえずりも聞かれた。
イワツバメも数羽一緒に飛んでいた。
2020年11月6日 その他 レッドビー
10時ごろまだいる。越冬?
2020年10月27日 その他 レッドビー
宮前橋で7時半ごろ30羽ほど
のツバメが飛んでいた。めったに通らない道で渋滞してないと気付かなかったかも。こんな時期にツバメを見るのは初めてで
その数にも驚いた。なぜいる?
2020年10月12日 その他 レオン
今日は27度と暑い日でしたが 渡りのツバメだと思いますが 朝の九時過ぎに10羽くらい川の上空を飛んでました
無事に渡れます様に!
2020年10月5日 その他 のりちゃん
10月2日を最後に近所では見かけなくなってしまいました。
渡りの時期なので仕方ないのかもしれませんが寂しいです。
来年沢山のツバメさんが戻って来てくれるのを楽しみに待ってます。

夏鳥情報

ウグイス
ウグイス地図を表示
低いやぶの中で、ジャッ、ジャッと鳴く(地鳴き)
全長:♂16cm ♀14cm 
詳しい説明と写真はこちらから
ツバメ
ツバメ (地図を表示
燕尾。上面が一様に黒い(=リュウキュウツバメ)
全長:17cm 翼開長:32cm 
詳しい説明と写真はこちらから
ホトトギス
ホトトギス地図を表示
キョッキョッキョキョキョキョという鋭い声(雄)
全長:28cm 
詳しい説明と写真はこちらから
カッコウ
カッコウ地図を表示
春遅くに飛来し、カッコウというのどかな声(雄)
全長:35cm 
詳しい説明と写真はこちらから
コアジサシ
コアジサシ地図を表示
白いツバメのように見え、くちばしと足が黄色
全長:28cm 翼開長:53cm 
詳しい説明と写真はこちらから

冬鳥情報

ジョウビタキ
ジョウビタキ地図を表示
翼に白い斑、雄は胸から腹が橙色
全長:15cm 
詳しい説明と写真はこちらから
ユリカモメ
ユリカモメ地図を表示
カラスより小さめで細く、くちばしと足が赤い。
全長:40cm 翼開長:92cm 
詳しい説明と写真はこちらから
ハクチョウ類
ハクチョウ類地図を表示
全長:120~140cm
オオハクチョウ][コハクチョウ]について詳しく見る
その他の野鳥
その他の野鳥  (地図を表示
上記の夏鳥5種と冬鳥3種以外の観察情報を掲載しています。
野鳥の特徴などを調べたい方は野鳥フォトギャラリーをご利用ください。

写真:渡辺和行(ウグイス)、渡辺健三(ツバメ)、鈴木伊織(ホトトギス)、津村勝吉(カッコウ)、中島久二瑛(コアジサシ)、鈴木正敏(ジョウビタキ)、柿沼喜弘(ユリカモメ)、野渡逸義(コハクチョウ)
音声:松田道生