ウグイスのさえずりの観察マップ

日から 
日までの
観察記録を
※期間指定は1年(365日)以内でお願いします。

観察情報の入力などは右上のメニューリストからログイン→MYページTOPへ

ウグイス 「ホーホケキョ」というさえずりは、誰でもなじみのある春を感じる声です。北海道では夏鳥ですが、日本全国で繁殖します。冬は笹鳴きと呼ばれる「チャッ、チャッ」という鳴き声ですので、容易にさえずりと区別できます。一年中日本にいる鳥ですので、さえずりの記録をお願いいたします。
最新コメント10件を表示
2020年1月3日 東京都 ミルクのママ
お昼ごろ緑道を散歩中、鶯とジョウビタキのメスがいました。
2020年1月3日 群馬県 らいくんだいすき
メジロと一緒に庭に来ました
2020年1月2日 東京都 ささ
鳥類園ゾーンの藪各所から地鳴きが聴こえた。
2019年12月18日 熊本県 macbon
ジャジャと地鳴きしていた。
2019年11月3日 岐阜県 メタ太郎
まさに小春日和の午前中、ウグイスがさえずっていた。
2019年7月17日 福島県 まんまる
うつくしま未来博跡地。 ただ草原と草木のみで、うぐいすの声が遠くに聞こえる場所になってしまった。
2019年7月13日 静岡県 うめこ
目の前で元気に囀ずってます。
2019年7月7日 静岡県 うめこ
朝6時、6羽のかわいい囀りが聴こえます。この辺りのウグイスの囀りは、おっとり訛っています。
2019年6月12日 福島県 まんまる
山の上だとまだ鳴き声が聞こえる。 この日はホオジロとデュエットしていた。
2019年5月28日 宮城県 蕪栗原人
仕事をしていると、ウグイスの囀りと谷渡りが聞こえてきました。この場所で聞くのは初めてです。丘陵の急斜面の藪で繁殖しているのでしょうか。

夏鳥情報

ウグイス
ウグイス地図を表示
低いやぶの中で、ジャッ、ジャッと鳴く(地鳴き)。
全長:♂16cm ♀14cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ツバメ
ツバメ (地図を表示
燕尾。上面が一様に黒い(=リュウキュウツバメ)。
全長:17cm 翼開長:32cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ホトトギス
ホトトギス地図を表示
キョッキョッキョキョキョキョという鋭い声(雄)。
全長:28cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
カッコウ
カッコウ地図を表示
春遅くに飛来し、カッコウというのどかな声(雄)。
全長:35cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
コアジサシ
コアジサシ地図を表示
白いツバメのように見え、くちばしと足が黄色。
全長:28cm 翼開長:53cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得

冬鳥情報

ジョウビタキ
ジョウビタキ地図を表示
翼に白い斑、雄は胸から腹が橙色。     
全長:15cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ユリカモメ
ユリカモメ地図を表示
カラスより小さめで細く、くちばしと足が赤い。
全長:40cm 翼開長:92cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ハクチョウ類
ハクチョウ類地図を表示
全長:120~140cm
オオハクチョウ][コハクチョウ]について詳しく見る
Adobe Flash Player を取得
その他の野鳥
その他の野鳥  (地図を表示
上記の夏鳥5種と冬鳥3種以外の観察情報を掲載しています。
野鳥の特徴などを調べたい方は野鳥フォトギャラリーをご利用ください。

写真:渡辺和行(ウグイス)、渡辺健三(ツバメ)、鈴木伊織(ホトトギス)、津村勝吉(カッコウ)、中島久二瑛(コアジサシ)、鈴木正敏(ジョウビタキ)、柿沼喜弘(ユリカモメ)、野渡逸義(コハクチョウ)
音声:松田道生