その他の鳥の観察マップ

日から 
日までの
観察記録を
※期間指定は1年(365日)以内でお願いします。

観察情報の入力などは右上のメニューリストからログイン→MYページTOPへ

夏鳥(ウグイス・ツバメ・ホトトギス・カッコウ・コアジサシ)冬鳥(ジョウビタキ・ユリカモメ・ハクチョウ類)以外の野鳥の観察情報を掲載しています。野鳥の特徴などを調べたい方は野鳥フォトギャラリーをご利用ください。
最新コメント10件を表示
2019年8月6日 北海道 マッシー
種名:ホウロクシギ
7羽の群れを確認しました
2019年8月1日 北海道 トリミスキ
種名:カワウ
50羽ぐらいの集団が美瑛川の上空を下流に向かって飛んで行きました。ここ数年毎年当地域で確認しています、北海道に定着したのでしょうか。
2019年7月31日 広島県 りょうすけ
種名:ノビタキ 雌
ノビタキの雌山道をひょこひょこ歩きながら昆虫を食べていました
2019年7月25日 神奈川県 トミー
種名:アオジ
ひまわりの種をつつきにたくさん集まっています。特徴のある鳴き声なのでたぶんアオジだと思います。
2019年7月15日 福島県 まんまる
種名:ヨタカ
鳴き声のみ。 「キョキョキョ」なんて珍しい鳴き声をするカエルだと思って種類を調べていたが、この辺のカエル(アマ、ガマ、ツチ、トノサマ、東京ダルマ、モリアオ、シュレーゲル、カジカ、アカガエル)はすべて外れ。 どうもヨタカの可能性大。 ここはトウモロコシの畑が広がっているから草原の環境があるのかもしれない。
2019年7月15日 宮城県 蕪栗原人
種名:アオバト
ブナ林から独特の鳴き声が聞こえてきました。
2019年7月15日 宮城県 蕪栗原人
種名:ゴジュウカラ
2羽のゴジュウカラが、ダケカンバの枯れ木を盛んにつついていました。「チー」という地鳴きも聞こえてきました。
2019年7月14日 北海道 トリミスキ
種名:エゾセンニュウ
「ジョッピンカケタカ」(鍵をかけたか~北海道方言)と元気に囀ずっていました。(姿は見えず。)
2019年7月13日 北海道 トリミスキ
種名:アジサシ
浮き玉に1羽とまっていました。
2019年7月10日 宮城県 蕪栗原人
種名:アオバズク
久々の晴れ。星を眺めに外に出ると、アオバズクの声が聞こえてきました。耳を澄ますと2羽が鳴き交わしているようでした。繁殖も終盤をむかえているのでしょうか。

夏鳥情報

ウグイス
ウグイス地図を表示
低いやぶの中で、ジャッ、ジャッと鳴く(地鳴き)。
全長:♂16cm ♀14cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ツバメ
ツバメ (地図を表示
燕尾。上面が一様に黒い(=リュウキュウツバメ)。
全長:17cm 翼開長:32cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ホトトギス
ホトトギス地図を表示
キョッキョッキョキョキョキョという鋭い声(雄)。
全長:28cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
カッコウ
カッコウ地図を表示
春遅くに飛来し、カッコウというのどかな声(雄)。
全長:35cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
コアジサシ
コアジサシ地図を表示
白いツバメのように見え、くちばしと足が黄色。
全長:28cm 翼開長:53cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得

冬鳥情報

ジョウビタキ
ジョウビタキ地図を表示
翼に白い斑、雄は胸から腹が橙色。     
全長:15cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ユリカモメ
ユリカモメ地図を表示
カラスより小さめで細く、くちばしと足が赤い。
全長:40cm 翼開長:92cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ハクチョウ類
ハクチョウ類地図を表示
全長:120~140cm
オオハクチョウ][コハクチョウ]について詳しく見る
Adobe Flash Player を取得
その他の野鳥
その他の野鳥  (地図を表示
上記の夏鳥5種と冬鳥3種以外の観察情報を掲載しています。
野鳥の特徴などを調べたい方は野鳥フォトギャラリーをご利用ください。

写真:渡辺和行(ウグイス)、渡辺健三(ツバメ)、鈴木伊織(ホトトギス)、津村勝吉(カッコウ)、中島久二瑛(コアジサシ)、鈴木正敏(ジョウビタキ)、柿沼喜弘(ユリカモメ)、野渡逸義(コハクチョウ)
音声:松田道生