その他の鳥の観察マップ

日から 
日まで
の観察記録を
※期間指定は1年(365日)以内でお願いします

観察情報の入力などは右上のメニューリストからログイン→MYページTOPへ

夏鳥(ウグイス・ツバメ・ホトトギス・カッコウ・コアジサシ)冬鳥(ジョウビタキ・ユリカモメ・ハクチョウ類)以外の野鳥の観察情報を掲載しています。野鳥の特徴などを調べたい方は野鳥フォトギャラリーをご利用ください。
最新コメント10件を表示
2020年5月23日 長野県 やまめ
種名:ヨタカ
20時くらいからずっと鳴いてます。
今期初認。
2020年5月22日 宮城県 蕪栗原人
種名:オオヨシキリ
整備中の津波復興記念公園に隣接する湿地のアシ原で複数羽確認できました。ここの湿地は浜堤の間に形成されたもので、津波後、昔の姿を取り戻しました。
2020年5月18日 新潟県 りん
種名:ヒヨドリ
朝から近くの山地にわらび採りに行きました。
キィーキィーという鳴き声をたくさん聞きました。
1羽、枝のようなものをくわえて飛ぶ鳥。
帰宅すると、お隣の駐車スペースに1羽の鳥が。
よく観察し、調べたらヒヨドリでした。山地の鳥の鳴き声の正体もヒヨドリでした。
2020年5月17日 千葉県 konan
種名:ヒバリ
さかんに鳴き声が聞こえる そろそろ巣立ちなのか
2020年5月15日 北海道 トリミスキ
種名:ツツドリ
近くの林から鳴き声が聞こえてきました、今季初見です。去年の初認は5月17日でした。
2020年5月15日 山梨県 hasekei
種名:キビタキ
毎年今時分に姿が見えます。先日から、囀りは聞こえていましたが、初めて飛翔姿を観ることができました。
2020年5月14日 新潟県 りん
種名:スズメ
5月も半ばで、若葉も茂り野鳥たちは上手に隠れて鳴き声ばかり。スズメたちだけは地面に下立ち、ちょんちょん飛び跳ね移動したり、チュンチュン鳴いたりしています。小さめな若いスズメも見かけます。スズメの地鳴きも覚えました。
毎日のように日当たりの良いお隣さんの駐車スペースにやって来ます。
2020年5月14日 福島県 まんまる
種名:トラツグミ
口笛のような声を今年初観測。
恋の季節が始まりました。
2020年5月11日 北海道 トリミスキ
種名:オオジシギ
夜明け前の暗いなか、けたたましい鳴き声と羽音で上空をしばらく旋回していました、今年の初見です。昨年の初見は5月17日でした。
2020年5月9日 北海道 ki-rara
種名:キバラガラ
遅い春の到来で、山野の木々の芽吹きが漸く始まった当地。牧草地の広がる農道沿いに生えるヤナギの木。その花を啄むカラ類の一団が目に留まりました。その中の一個体は無心に花を啄み当方を気にする様子がありません。近くに詰めて様子を見ていると、今まで見たことのない鮮やかな黄色。最初はシジュウカラの変種かと思ったほど。間違いなくお腹回りが黄色でシジュウカラとは別物でした。写真を現像し、名前を調べてビックリしました。中国内陸部に棲息する中国の固有種。日本国内でも観察例が数例しかないとの事。驚きの遭遇でした。

夏鳥情報

ウグイス
ウグイス地図を表示
低いやぶの中で、ジャッ、ジャッと鳴く(地鳴き)
全長:♂16cm ♀14cm 
詳しい説明と写真はこちらから
ツバメ
ツバメ (地図を表示
燕尾。上面が一様に黒い(=リュウキュウツバメ)
全長:17cm 翼開長:32cm 
詳しい説明と写真はこちらから
ホトトギス
ホトトギス地図を表示
キョッキョッキョキョキョキョという鋭い声(雄)
全長:28cm 
詳しい説明と写真はこちらから
カッコウ
カッコウ地図を表示
春遅くに飛来し、カッコウというのどかな声(雄)
全長:35cm 
詳しい説明と写真はこちらから
コアジサシ
コアジサシ地図を表示
白いツバメのように見え、くちばしと足が黄色
全長:28cm 翼開長:53cm 
詳しい説明と写真はこちらから

冬鳥情報

ジョウビタキ
ジョウビタキ地図を表示
翼に白い斑、雄は胸から腹が橙色
全長:15cm 
詳しい説明と写真はこちらから
ユリカモメ
ユリカモメ地図を表示
カラスより小さめで細く、くちばしと足が赤い。
全長:40cm 翼開長:92cm 
詳しい説明と写真はこちらから
ハクチョウ類
ハクチョウ類地図を表示
全長:120~140cm
オオハクチョウ][コハクチョウ]について詳しく見る
その他の野鳥
その他の野鳥  (地図を表示
上記の夏鳥5種と冬鳥3種以外の観察情報を掲載しています。
野鳥の特徴などを調べたい方は野鳥フォトギャラリーをご利用ください。

写真:渡辺和行(ウグイス)、渡辺健三(ツバメ)、鈴木伊織(ホトトギス)、津村勝吉(カッコウ)、中島久二瑛(コアジサシ)、鈴木正敏(ジョウビタキ)、柿沼喜弘(ユリカモメ)、野渡逸義(コハクチョウ)
音声:松田道生