ツバメの観察マップ

日から 
日までの
観察記録を
※期間指定は1年(365日)以内でお願いします。

観察情報の入力などは右上のメニューリストからログイン→MYページTOPへ

ツバメ 毎年春になると、遠く東南アジアから子育てのため日本に渡って来ます。人家の軒下に泥で巣を作るので、なじみのある野鳥です。建物の構造の変化で都市部では見かけることが少なくなっている場所もあります。夏の終わりからヨシ原などに大きなねぐらをつくり、夕方に乱舞する光景も見ることができます。
最新コメント10件を表示
2018年7月20日 栃木県 CHANEL
今年は我が家のベランダの古巣になかなかツバメのつがいが来てくれず、今年はもうだめかとあきらめていた頃。6月22日、ついにつがいが来てくれました。それからはにぎやかな毎日。その後、巣の補修、産卵、抱卵と順調に進み、7月14日無事に雛が孵化しました(*^^*)7月20日現在、3羽の雛を確認。今日辺りから、チビ達の糞が落ちるように♪ここからしばらく糞との戦いです。今年は近所のツバメ達がかなり、カラスの被害にあっていて、数日前も我が家の前の電線に偵察に来ていたため、カラス対策を強化しました。猛暑の中、パパママもチビ達も大変だけどガンバレo(^o^)o
2018年7月20日 群馬県 ほしさん
昨日は、アクシデントで巣にいたヒナ達が一斉に飛び出してしまいました。外には、出ず床に降りてしまいました。全滅かと思いましたが親が餌をセッセと運び夕方に3羽、今朝残りの2羽が大勢のお迎えが来て無事に巣立ちました。今回の2番子達は、巣立ち予定日より2日も遅かったので本当に心配しました。良かった、本当に良かった( ;∀;)(涙)
2018年7月20日 愛知県 レッドビー
いなくなった1羽と思っていた見張り番長が今日も朝から見張りを担当。ピンセットで虫をやると喜んで食べる。こんなことで大丈夫なのか?置いてきぼりにされないのか?
2018年7月20日 神奈川県 みーちゃん
昨日すごく心配だけど他の方のコメントから勇気をもらいカラスよけの網を全部撤去した。「ありがとうございます(^-^)」が… カラスの声、落ち着かない、…やっぱり… テグスは、つばめも見えないらしいので麻のひもに銀色のモールをくるくる巻き2本だけ玄関手前につるした(>_<)紐が巣と離れすぎで意味ないかもだが、なんとか無事に巣立ってほしい。頑張れ!頑張れ!
2018年7月20日 愛知県 レッドビー
見張り番長を見張っていたら誰の迎えもなしで一人で飛んでいった。巣立ちして5、 6日で一人で行動しても生きていけるのか?他のつばめと合流するにしてもそれなら心配は少なくてすむ。てか、本当に見張ってたのか?落ちこぼれと思っていたけど本当はエースなのか?
2018年7月19日 愛知県 ガードマン
孵化して3週間、ようやく巣立ちがやって来る。全5羽孵化したが、餌不足とメスツバメの育児放棄で、残り2羽になってしまった。メスツバメは、朝と夕方に少し餌をやる程度である。巣立ちの時に雛が上手く飛べず、前に苦労した覚えがあるので、スズメ対策の網とカラス対策の布を外した。頑張れ!
2018年7月18日 神奈川県 みーちゃん
昨日から続き巣立ち間近の雛ちゃん4羽かなり成長にばらつきがありますが今日環境保全センターの野鳥担当の方にからすよけの網をとるには、すごく勇気がいる…と相談してみました。結果両端を少し広く開けて様子をみる事にしました できれば仕事など行かずにずっと見守っていたい(^o^;)
2018年7月18日 愛知県 レッドビー
初日から5、4、2羽と夜戻ってくるつばめが減っていきとても心配していたが今日は4羽戻ってきたから少し安心。1羽は残念なことになったかもだが頑張ってこの暑さを生き伸びろ。意味ないかもだが寝床に向かってUSBファンをまわしておいた。
2018年7月17日 神奈川県 みーちゃん
この7月古巣とは、別に玄関上に巣を作りあれよあれよという間にもう雛が週末にでも巣立ちそうですが私は、外から丸見えな為カラスが気になり両端を35センチずつ開け目の荒い網を全面にはっています。 親鳥は、上手に往き来しています。 雛の巣立ちには、邪魔でしょうが心配で網をはずせません(>_<)…皆さんは、雛の巣立ち間近には、すべてからすよけをはずしてしまうのでしょうか?それとも40センチ位ずつ両端をあけてあげれば雛は、飛んで通れるのでしょうか?…毎日、仕事中も気になってます 。
2018年7月16日 群馬県 ほしさん
我が家に営巣して3年目初めて末っ子のヒナが巣から落ちました。初めは、羽根をバタバタして怖がっていましたが手のひらに乗せたらおとなしくなりました。そっと巣に戻しました。後2,3日で巣立ちです。耐えてほしい

夏鳥情報

ウグイス
ウグイス地図を表示
低いやぶの中で、ジャッ、ジャッと鳴く(地鳴き)。
全長:♂16cm ♀14cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ツバメ
ツバメ (地図を表示
燕尾。上面が一様に黒い(=リュウキュウツバメ)。
全長:17cm 翼開長:32cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ホトトギス
ホトトギス地図を表示
キョッキョッキョキョキョキョという鋭い声(雄)。
全長:28cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
カッコウ
カッコウ地図を表示
春遅くに飛来し、カッコウというのどかな声(雄)。
全長:35cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
コアジサシ
コアジサシ地図を表示
白いツバメのように見え、くちばしと足が黄色。
全長:28cm 翼開長:53cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得

冬鳥情報

ジョウビタキ
ジョウビタキ地図を表示
翼に白い斑、雄は胸から腹が橙色。     
全長:15cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ユリカモメ
ユリカモメ地図を表示
カラスより小さめで細く、くちばしと足が赤い。
全長:40cm 翼開長:92cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ハクチョウ類
ハクチョウ類地図を表示
全長:120~140cm
オオハクチョウ][コハクチョウ]について詳しく見る
Adobe Flash Player を取得
その他の野鳥
その他の野鳥  (地図を表示
上記の夏鳥5種と冬鳥3種以外の観察情報を掲載しています。
野鳥の特徴などを調べたい方は野鳥フォトギャラリーをご利用ください。

写真:渡辺和行(ウグイス)、渡辺健三(ツバメ)、鈴木伊織(ホトトギス)、津村勝吉(カッコウ)、中島久二瑛(コアジサシ)、鈴木正敏(ジョウビタキ)、柿沼喜弘(ユリカモメ)、野渡逸義(コハクチョウ)
音声:松田道生