その他の鳥の観察マップ

日から 
日までの
観察記録を
※期間指定は1年(365日)以内でお願いします。

観察情報の入力などは右上のメニューリストからログイン→MYページTOPへ

夏鳥(ウグイス・ツバメ・ホトトギス・カッコウ・コアジサシ)冬鳥(ジョウビタキ・ユリカモメ・ハクチョウ類)以外の野鳥の観察情報を掲載しています。野鳥の特徴などを調べたい方は野鳥フォトギャラリーをご利用ください。
最新コメント10件を表示
2018年7月19日 千葉県 ジョウビ
種名:キジバト
あまり人気がないキジバトですが我が家に来て2年以上365日休みなく午前中いっぱいいて夕方に一度来ていた雌がとうとう子育て中に夕方最後に来たのが最後になってしまいました…何があったのか?お父さんは無事です。もう会わなくなって5日です。お父さんは毎日来てます。とても寂しいです。出逢いがあればいつか別れがやって来る本当に辛いです。お父さんはもっと寂しいでしょうね。残された命頑張って生きていてほしいです!我が家で雛は無事で何度も育ったのですが対策もしてますし一度蛇にやられてから半年ずっとどこで巣作っても上手くいかずのとこで命を落としてしまいました。いつも行く方向に探しにいってもわからずです。何があったのでしょう…雌に何が?本当残念です。お父さん頑張れ!
2018年7月17日 千葉県 ジョウビ
種名:カワセミ
一年とおしてカワセミはいますがこの頃目立って見ます。本当に何度見ても綺麗です!
2018年7月14日 千葉県 ジョウビ
種名:サシバ
サシバもうどこかに行ってしまったのかな?2週間前には飛んでたのですが寂しいです……昨日フクロウが珍しくまだ夕方なのに飛んでました!
2018年7月14日 兵庫県 NATURE
種名:コジュケイ
18:30ごろ、自転車で通りかかったところ親子が合わせて10羽以上走って逃げていきました。森に面した畑にいたので、恐らく何かを食べていたものと思われます。その後しばらく様子を見ていたところ、両親が僕の気を引こうとしてか飛び立って逃げていき、あとには子供たちだけが残されたはずだったのですが、警戒しているのか全く生き物の気配すらせず、あまり刺激を与えないようにと僕はその場を離れました。
2018年7月8日 東京都 magpen
種名:カビチョウ
8:15 森の向こう、恐らく工事(前の発掘調査)中の運動場の南側の樹木の並びで鳴いているのだろう遠さからのさえずりが聞こえる。(聞こえちゃうのがすごいというか、えげつなく声が大きくてわかりやすい節回しというか) 玉川上水でもさえずりを聞かなくなって暫くたつのでこの近辺から移動したと思っていたがまだいたんだな(・ω・)
2018年7月3日 北海道 とりとり
種名:ヒヨドリ
倉庫の前のヤマグワの実が黒く熟し始めました。ヒヨドリが頻繁にやってきます。
2018年7月3日 神奈川県 Tidy
種名:キジバト
早朝:キジバトの鳴き声がしています♡(*'▽')
2018年7月2日 神奈川県 Tidy
種名:四十雀(シジュウカラ)
営巣はしていない様ですが、庭で、四十雀の雛(?若鳥?)と親鳥がいて賑やかに過ごしてます❤       とても可愛いです❤
2018年7月2日 東京都 magpen
種名:ツミ
18時半過ぎ、駅北口の吹き抜けの大きな窓の桟で翼ダラリ、やたら大きなヒヨドリが迷い込んで出られなくなってるなぁ~…とよく見たらツミだった(滝汗) 昨日同じ窓にハクセキレイが迷い込んでいたがその子はいなくなっていた。もしやツミのお腹の中…と一瞬思ったが羽毛のちらかった跡もないのでハクさんはうまく抜け出せたんだろう(←一応駅員さんにセキレイが迷い込んでますと報告はしてあった)。ツミは暫くパニクったのちツバメが育雛中の反対側=南出口方面へと改札階を横切り、ツバメ親はパニックで逃げ出し、ツミもその後駅案内照明板に激突し上りエスカレーター上に墜落、指と爪がエスカレーターの溝に巻き込まれキィーーーーー!!キィーーーーー!!、"痛い!痛いよ!怖いよ!!"。指を外そうと手を貸したところほぼ自力で抜き取り改札内へ飛んだのち行方不明。おそらくホームから外へ出られたんだろう。ツバメ親は30分後にペア揃って戻ってきて巣のヒナをあらため、安心したようにいつもの夜の位置=メスが巣に縁乗り、オスがフン受けにおさまった。ツミは背が灰茶色で虹彩が黄色、腹は横縞、しかし首の白毛に明るい茶色がぼやっと入っていた。未成鳥のメスだったのだろうか? もう迷い込むんじゃないよ。
2018年6月29日 千葉県 ジョウビ
種名:ヒバリ今日はいつも以上に朝から元気よく鳴いてました!
コメントなし

夏鳥情報

ウグイス
ウグイス地図を表示
低いやぶの中で、ジャッ、ジャッと鳴く(地鳴き)。
全長:♂16cm ♀14cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ツバメ
ツバメ (地図を表示
燕尾。上面が一様に黒い(=リュウキュウツバメ)。
全長:17cm 翼開長:32cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ホトトギス
ホトトギス地図を表示
キョッキョッキョキョキョキョという鋭い声(雄)。
全長:28cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
カッコウ
カッコウ地図を表示
春遅くに飛来し、カッコウというのどかな声(雄)。
全長:35cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
コアジサシ
コアジサシ地図を表示
白いツバメのように見え、くちばしと足が黄色。
全長:28cm 翼開長:53cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得

冬鳥情報

ジョウビタキ
ジョウビタキ地図を表示
翼に白い斑、雄は胸から腹が橙色。     
全長:15cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ユリカモメ
ユリカモメ地図を表示
カラスより小さめで細く、くちばしと足が赤い。
全長:40cm 翼開長:92cm 
詳しい説明と写真はこちらから
Adobe Flash Player を取得
ハクチョウ類
ハクチョウ類地図を表示
全長:120~140cm
オオハクチョウ][コハクチョウ]について詳しく見る
Adobe Flash Player を取得
その他の野鳥
その他の野鳥  (地図を表示
上記の夏鳥5種と冬鳥3種以外の観察情報を掲載しています。
野鳥の特徴などを調べたい方は野鳥フォトギャラリーをご利用ください。

写真:渡辺和行(ウグイス)、渡辺健三(ツバメ)、鈴木伊織(ホトトギス)、津村勝吉(カッコウ)、中島久二瑛(コアジサシ)、鈴木正敏(ジョウビタキ)、柿沼喜弘(ユリカモメ)、野渡逸義(コハクチョウ)
音声:松田道生